見積書だけで保険金廃止

query_builder 2022/06/15
ブログ
d772c06eaa94400d88ea01d1834525a2_t


こんにちは。


江南市の保険代理店 東海エージェンシーです。


5月20日に読売新聞朝刊にて報道された記事につきまして、概ね事実であることを確認いたしました。



東京海上日動火災保険や三井住友海上火災保険、損害保険ジャパン、あいおいニッセイ同和損害保険の大手4社は10月以降の新規契約分から、保険契約者が修理を確約した場合に保険金支払いの対象とする方向で検討する。

現在は、被災者への迅速な補償を優先し、修繕費の見積書だけでも保険金を支払っていた。

火災保険は、火災や風水害で家屋などの修理が必要になった際、修繕費の一部を保険金として受け取れる。近年、保険金を本来受け取れない経年劣化や、故意に建物を壊した偽装にもかかわらず、被災者に保険金を申請させる悪質業者が相次いでいる。

国民生活センターによると、業者とのトラブルに関する相談が2020年度、前年度の約2倍となる5000件超あった。 損保大手各社は、保険契約者が必要な修繕だと確約した場合や、被災で建物に住めない場合などに限って保険金を支払うようにする。


読売新聞 令和4年5月20日記事より引用



東京海上日動火災保険の対象商品は、住まいの保険および超保険となります。


記事検索

NEW

  • 東京海上日動の超保険

    query_builder 2022/07/13
  • 保険会社のドライブレコーダー

    query_builder 2022/07/06
  • ”新しいカタチ”のがん保険 がん診断保険R

    query_builder 2022/06/16
  • 見積書だけで保険金廃止

    query_builder 2022/06/15
  • サイバーリスクの備え、できていますか?

    query_builder 2022/06/10

CATEGORY

ARCHIVE